システム利用 > 学認(GakuNin)~学術認証フェデレーション~

学認(GakuNin)~学術認証フェデレーション~

概要

学認とは,『学術認証フェデレーション』の略称で,大学・高専等の高等教育機関やサービスを提供する出版社・IT企業等で構成される連合体です(GakuNinは愛称です)。

金沢大学では,学認に参加しており,学生・教職員が日常利用する金沢大学IDでさまざまな連携機関のサービスやリソースを利用することができます。

学認の詳細については次のリンクを参照してください。

【学認(GakuNin)】https://www.gakunin.jp/fed/

ユーザ同意取得システム(uApprove.jp)

連携機関が提供するサービスを利用する場合,連携機関にユーザ属性情報を提供することに同意する必要があります。

ユーザはいつでも同意を撤回し,利用を終了することができます。詳細はこちらをご覧ください。

利用可能なサービス(SP)

学認では各機関が提供するサービスをSPと呼びます。

金沢大学が提供するサービスを含め,参加する教育研究機関等が提供するサービスの一例を紹介します。最新情報は学認Webサイトでご確認ください。

・NIIが提供するサービス

サービス概要
eduroamJP 認証連携ID
サービス
 在学・在籍期間中のみ,世界中の提携したeduroam参加校で利用可能な無線LANのIDとパスワードが発行できます。

 本学教職員であれば,来学者用のアカウントも最大50アカウントまで発行することができます。

FaMCUs
(テレビ会議多地点接続サービス)
 FaMCUsはNIIが提供するテレビ会議用MCUサービスです。

 学術認証フェデレーションを通して予約・制御が可能です。

・金沢大学が提供するサービス

サービス概要
ARCADE ARCADEは、異なる組織間のユーザ間でファイルを共有することができるソフトウェアです。
FaMCUs
(テレビ会議多地点接続サービス)
 FaMCUsはNIIが提供するテレビ会議用MCUサービスです。

 学術認証フェデレーションを通して予約・制御が可能です。

File Transfer Service
(ファイル送信サービス)
 ファイル送信サービスは,アカンサスポータルで提供するファイル送信サービスの学外者向けサービスです。

 本学の学生・教職員も利用できますが,送信できる容量の制限が異なります。

 

学認に対応した電子ジャーナルや電子ブック